読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

アイドルと青春

アイドル

℃-uteが解散する」というニュースが飛び込んできたのは今日の朝だった。

SMAPの解散も飛び上がるほど衝撃的だったけど、より身内事に感じてしまうのはこちらの方だったりする。SMAPは自分が物心ついたときには既にスターであったのに対して、℃-uteはその成り立ちより以前から見てきたので思い入れが違うのかもしれない。近年なんとなく解散するのかな、という雰囲気を感じていたので、衝撃はさほどではなかったけど、それまでを思うと感慨深いものがあった。

℃-uteはもともと2002年にオーディションで選ばれた「ハロー!プロジェクト・キッズ」の15人のうち、7人から選ばれたグループである。そのうち8人はBerryz工房として結成された(現在既に解散)。Berryz工房が比較的早くデビューしたのに対し*1℃-uteだけデビューが遅れたので「余り物」とか「非ベリキッズ」とかあまり良くない言われ方をしていた。そのぶんデビューしたときの喜びは本人たちにとってひとしおだっただろうと思う。

ハロプロキッズがまだ「Berryz工房」や「℃-ute」ではなく、ひとまとめに「キッズ」と呼ばれていたとき、当時は自分とほぼ同年代の、少しこの間まで普通の小学生だった子たちが、自分の好きなモーニング娘。タンポポの曲をコンサートでカバーして歌ったり、バックで踊っているのが理解できなくて、ちょっとした反抗心を持っていた。「憧れ」という気持ちは当時モーニング娘。にあり、キッズに対してそういう気持ちはあまり持っていなかった。それから別々のグループが結成され、事務所に飼い慣らされるまま、自分は反抗心を持っていたキッズにも堕ちていくことになる。それからは、「自分と年が変わらないプロのアイドル」として彼女たちを見るようになった。

Berryz工房℃-uteが結成されたとき、ハロプロの一般人気は既に下降気味だったけど、コアな人気はあのときがピークだっただろうと思う。「ベリキューモーニング娘。を超えるときがいずれ来る」という風潮すらあり、次世代のハロプロに期待した人たちが一様に熱を上げ、少しでも自分の好きなアイドルを支えようと奮起になっていた。自分がいわゆる「ヲタク」だと本格的に自覚しはじめたのもこのときだったので、キッズと一緒に人生を過ごし、成長してきたようなものなのである。

こういう、当時は普通の女の子だった人たちが、プロのアイドルになっていく過程を見届けられるのが、アイドルのファンをやっている上での醍醐味なんだと常々思う。誰も一様にアイドルとしての才能を持っていたわけではない。誰がどう成長していくのか分からない。それがたまらなく面白いし、楽しくて目が離せない。

Berryz工房が解散した今、℃-uteも解散してしまうのは「キッズ」が終わってしまったようで、悲しいし、寂しいし、名残惜しい。けれど、これからはそれぞれの道を歩いていってほしい。5人の人生はまだまだ長いのです。

解散するのは来年の6月とのことだけど、今までお疲れ様でした。長い間、ありがとう。

*1:いま思えば最年少が当時9歳だったので早すぎる

今、話したい誰かがいる

昨日はインターネットで知り合った友人と久しぶりに会った。確か最初に会ったのは2年前の秋とかだった気がする。それから去年にもう一度会ったので*1、通算で3回目になる。

お互いになかなか面と向かって喋るのが苦手だったのだけど、3回目ともなるとかなりスムーズに話すことができた。「人前で話す」という行為に対して、どうしても苦手意識が強くなってしまっていたので、それが少し和らいだのは良かった。多分、会わない間に何回かSkypeで通話していたのも大きかったのだと思う。声だけで会話ができると、会って話すことへのハードルが低くなる。むしろ表情が見えるぶん安心感すら覚える。

4時間くらい同じ場所にいて喋り続けたのだけど*2、会話の話題に困ることもなかった。ただ思いつくままを喋り、会話ってこういうものだよな、という感じがした。ひねり出して喋るものではなくて自然発生的に生まれてくるものだと思う。慣れないとなかなか難しくはあるものの、逆に慣れてしまえば簡単なものだ。

今までは人と会って話すこと自体にハードルを感じてしまい、相談事もなにもかも自分の中で解決しようとしていたのだけど、病気になってから特に人と話すことの重要性を認識して、だんだん考え方が変わりつつある。自分一人ではなにも動けない。病院に行くにしたって、自分の力では動けないから親の力を借りているし、お医者さんの力も借りている。バイトを休むにしても、会社の人の力を借りている。自分だけで生きていくことなんて絶対できない。それなのに悩みを全部一人で解決しようとするのは無謀だし、ますます自分を追い詰めていくことになると思った。

そう気づいてからは、人と話すことは案外難しくないのかもと思い始めてきて、これも成長なのかな、と思う。乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」という曲の歌詞が、今までの自分に当てはまるなあと思い、最近よく聴いている。

一人でいるのが
一番楽だった
誰かと一緒にいると
僕は僕じゃない
小さい頃から
ブランコが好きで
シーソーに乗っている時は
ただ相手に合わせた

今、話したい誰かがいる - 乃木坂46 - 歌詞 : 歌ネット

少しずつではあるけど、今までより変わっていけたらいいなと思っている。

*1:自分以外の人も交えてだけど

*2:終始1対1ではなかった

犬を飼うにあたっての注意点

以前まで自分の家では犬を飼っていました。去年の8月以降からは飼っていませんが、ここ最近になってまた犬を飼おうという話が再燃しています。そこで、犬を飼ってきた経験から、犬を飼うにあたっての諸々の注意点みたいなのを少し書いておこうと思います。個体差はあれどだいたい一緒だと思います。ちなみに繁殖する場合、した場合の注意点などは書いていません。

最初のしつけが大事

多分人間でも一緒だと思うのですが*1、最初のしつけで性格が決まるようなものなのでしつけは大事です。本とかネットに山ほど情報はあるのでそれを見ながらしつけた方がいいです。特に排泄等はちゃんとしつけましょう。

食事に気をつけよう

人間が食べているものは犬にとって毒になるものも多いので、安易に与えないほうがいいです。こちらも本やネットに情報が載っているので調べて与えてください。ドッグフードなどもよく選んだほうがいいです。

脱走に気をつけよう

わりと簡単に脱走しようとします。網戸を閉めていても開けて脱走してしまうので、目を離さないようにしたほうがいいです。ストレスが溜まっているときに逃げようとするので散歩をこまめにしましょう。以前飼っていた犬は雨が降る中脱走し、雷が怖くてよその家に逃げ込み、そこで大人しくしていたことがありました。その後連れて帰ってきたので良かったのですが、交通事故に遭ったり誘拐されることもあるので注意が必要です。

おもちゃにされる物に気をつけよう

身の回りにある物はとにかく齧るので、齧られて困るものは置かないようにしましょう。齧られすぎて原型をとどめなくなった人形が家には何体もあります。箱や家具も余裕で囓られます。家にそれなりのダメージが行くことは考えておいたほうが良さそうです。

定期的に身なりを整えよう

毛が多い犬だと定期的に美容院に行くなりして身なりを整えてあげることが必要になります。美容院に行かなくても自宅でカットすることもできますが、顔周りを切らせてくれなかったり、噛まれたりしてわりと手間がかかります。もちろん定期的なシャンプーなども必要です。

突然の病気に気をつけよう

だいたい人間と一緒ですが、いきなり病気になることがあります。動物病院には定期的に行って予防接種やワクチンは必ず打ちましょう。それまでなんともなかったのに、加齢とともにてんかん発作が起きたりすることもあります。

老犬になると介護が必要

老犬になると目が見えなくなってきてあちこちにぶつかったり、排泄や食事が困難になってくるので、常にサポートが必要になります。ぶつかったときの衝撃を緩和するためにいろいろ工夫をしたり、トイレのときは支えてあげたり、食事のときは喉に詰まらせないように柔らかいものを多くしたり、とだいたい人間の介護と同じようなことをします。一人だとわりと大変だと思います。

他にもいろいろあると思いますが、だいたいこれくらいかなと思います。だいたい人間と一緒だと思うのですが、人間と違って言葉を理解できないので、表情や行動を見て理解することが大事だと思います。これから犬を飼おうと考えてる方の参考になれば嬉しいです。

*1:まだ人間を育てた経験はない