読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

心が動いた日

少し大げさかもしれないタイトルだけど、昨日一日を表すとこんな感じだった。

昨日は病気になってから初めて一人で電車に乗った。最近病院に行くときに少しずつ電車に乗るようにしていたので、心理的な負担はそこまで大きくはなかったけど、一人となるとどうしても緊張してしまった。病気になる前に乗っていたときと同じ時間に同じ電車に乗る。それだけでかなり勇気のいることだった。

動き出した電車の車窓から風景を見て、少しずつ前のことを思い出していた。ただ、前のように流れる風景を我を忘れてじっくり見る、という行為ができなくて、曲を聴いて気持ちを落ち着かせながら自分の足元ばかり見ていた。そのせいで行きの30分くらいはかなり緊張していたように思う。駅に近づくと、少しずつそれが和らいでいった。

駅で降りて、少し休憩をして周りを見渡した。以前見たときと風景はあまり変わっていなかった。息を整えて今度は地下鉄に乗った。毎日慌ただしく乗り降りしていた地下鉄に、ゆっくりと乗ろうとしている自分を意識するとなんだか不思議な感覚に思えた。なにもあんなに急ぐことはなかったのではないか、といまになっては思える。

地下鉄もクリアしたあと、少し周囲を歩き、また元の駅に戻った。それだけのことなのにドッと疲れてしまったので、駅のパン屋に入って休憩することにした。久々に一人で飲食店に入ったけど、案外居心地がよかった。Wi-Fiもコンセントもあったので携帯の充電をしながら、目の前の人の流れをぼーっと見ていた。ただ、あまり長居するのも良くないと思い本屋に移動した。

本屋でデザインの本を探していたら、「デザイナーのラフスケッチ」という本があり、聞いたことのあるタイトルだったので少し読んでみた。デザインができるまでの過程をしっかり見れる感じの本でかなり良さそうだったけど、手持ちのお金がなかったので買うのは断念した。

そのあと、好きなアイドルが載っている本のインタビューをパラパラと流し読みしていたら、ふと引っかかる一言があった。「悩みなんて持ったことがない。悩んでると思ったこともないし、一人で悩んだところで何も解決しない。それなら周囲の人に聞いたり話したりしたほうが成長できる」といった感じのことを言っていたと思うけど、なんだかずしりときた。同じようなことは何度か思ったことがあるけど、「悩みなんて持ったことがない」と言い切れる人は強いなあ、と思った。さんざん悩んでからしか行動ができない自分としては、見習っていきたい。

なんだか、一人で電車に乗ったり、店に入ったり、時間つぶしに本を読んだりすることが久しぶりだったので不思議な感覚だった。「ああ、ちゃんと前みたいに、普通に動けるんだなあ」と思って少し嬉しくなった。自分でそんな風に感じたこと自体が久しぶりで、感慨深くなってしまった。いつも行動するたびに悪いことばかりを考えてしまって、その感情が一歩先に行ってしまっていたけど、昨日はそれが影に潜んでいたように感じる。それよりも、自分一人で動けることの嬉しさを強く感じれた。

まだまだ課題はあるし、良いことばかりではないけど、少しずつではあるけれどちゃんと前に進みだせている、と思った。 希望が持てるというのは、嬉しいことだなぁ。