読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

途中経過

最近少し病状が改善してきたように思えるので、そう思えるうちに経過など書いておこうと思う。

連休に入ったあたり(29日くらい)からいままで苦痛に感じていた症状が緩和してきた。いままでいくら調子は良くても、そわそわしたり不安だったり気を抜くと軽い動悸が起きたり、という症状があって、完全に普通の状態(病気になる前の状態)でいられることがあまりなかったのだけど、最近「あれ?これ普通の状態なんじゃない?」と思う機会がわりと多くなってきた。この間までは意識して楽しいことを考えたりテンションを上げようとしていたのだけど、いまは前みたいになにも考えなくても普通に楽しい感じでいられる。この変化は結構大きい。

理由はたぶんいろいろあるのだけど、作業をやるときに根を詰めなくないようにアドバイスされてそれを実践したこととか、セロトニンの増加に関係している納豆を毎日食べるようになったとか、天気がよければ歩いてるとか、そういうことが関係してきてるのかなあと思う。あと、直接的な関係はないのかもしれないけど、やたらと「あまちゃん」が見たくなり「あまちゃん」の第1話を見たところ、情緒的な感情が戻ってきた気がする。アキちゃんのウルウルお目目のせいなのか、ウニのシズル効果なのかは分からないけど心がイキイキしてくる感じが戻ってきた。そのあとから食欲が復活してきたように思える。それまでは気持ち悪くても無理やり食べていたりしたのだけど、そういうのではなく前と同じように普通に食べれるようになったことが嬉しかった。「あまちゃん」のおかげなのかたまたまタイミングが被ったのかなんなのか分からないけど、なんだか「あまちゃん」はやっぱりすごい作品なのではないかと思えてきたので多少は関係しているように思える。

あと、車の中とか外出先で体調が悪くなってきたときの対処法が分かるようになってきた。ガムを食べていると落ち着いてくるのでガムを食べるようにしたり、「良くも悪くもならない」と割り切ってなるべくなにも考えないように「無」になるように心がけるようにした。前も書いたけど「無」になるのは結構効果がある。

そんなこんなで、まだ波があるとは思うのだけどかなり長い間調子のいい状態が続いている。最近は調子が良い悪いというのをあまり考えないようにしていて、できるだけ普通の状態でいることが心理的には一番良いということに気がついた。「調子が悪い」と思い始めると、本当にそんな気がしてくるし、逆もまた然りだと思う。「まだ油断できない」と考えて変に構えるよりも、いままでどおりフラットでいるほうが精神的には楽だし体にも良いと思う。自分はなんでも神経質に考えて回りくどいことをする人間だったので、こういう考え方ができるようになったのは大きいなあと思う。お医者さんに言わせると「このままの状態を続けていけば薬使わなくても治ると思う」とのことなので、前回書いた服薬うんぬんは杞憂だった。できるだけこの状態を維持できればいいな。