読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

2ヶ月

病気になってから早いもので2ヶ月ほど経つ。診断されたのは3月だったけど、症状が出たのは2月の下旬だった。いまだに調子が良かったり悪かったりで毎日安定しない。

この病気のなにが辛いかというと、いままで行ってきた普通のことがうまくいかなくなることである。個人的には、デザインに集中できないのが一番辛くて、力みすぎるとプレッシャーがかかってしまうのかドキドキして吐き気を催し、MacBookの前にじっとして座っていられなくなる。分かってきたのは、精神的にある程度追い込まれている状態になると体が反応している気がする。デザインだと、あと何日までに仕上げなきゃ、とかそういうちょっとした負荷に過剰反応しているように思える。外食の最中も症状が出ることが多くて、目の前のごはんを食べきらなきゃいけない、と思うとたちまち具合が悪くなってくる。ゆっくり食べるように心がけていてもそうなってしまうことが多い。

かといってじゃあいままでやってきたことはなにも出来なくなるのかというとそうではなく、やり方を考えれば普通にできることもある。デザインだとプレッシャーがかからないように工夫したりとか、そもそも何日までにやらないといけないというふうに考えるのを避けたりしている。外食もなぜか昼ならば普通にできることも多いし、量を少なめのものを注文するようにするとか、体温の上昇が発作を誘発すると聞いたことがあるので横に冷水を多めに置いておく、とかそういうことをしている。思うに、自分で「不安だ」と認識すること自体がストレスを作っているように思えるので、最近心がけていることはできるだけ「無」になることである。なにも考えないことが結局一番良い気がするのだけど、ずっとそういう状態でいるというのは無理なので、「できるだけ」そうならないようにしている。

前にも書いたように精神状態としては普通に元気なので、TwitterとかInstragramとか気晴らしも含めて普通にやっているのであまり病気っぽく見えないかもしれない。自分としても軽度なこともあってあまり病気とは認識してないのだけど、やっぱり病気と認識して治すことを意識していかないといつまでもこのままだし、少し疲弊してきてもいる。服薬はいまのところしてないのだけど、この先ずっとこの状態が続くようであれば考えたほうがいいかもしれないと思うようになってきた。この病気には薬がわりと有効なようなので、状況を見て考えていきたい。