読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

「デザイニングWebアクセシビリティ」を読んだ

読書
デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ

 

以前読んだ、「コーディングWebアクセシビリティ」の姉妹本のような内容になっています。

前回はWAI-ARIAという技術を使ったアクセシビリティについてが主な内容だったので、技術本の印象が強く、なかなか理解が進まないところもあった気がするけど、今回はデザイン面から見たアクセシビリティについてが主な内容になっている。「デザイニング」と頭についているけど、特段デザイナー向けという印象はなくて、Webサイトを作る人なら読んだほうがいいと思った。デザインについての技術本という感じはあまりしなくて、Webサイトを設計する上での教科書のような本なので読みやすいと思う。

UX視点から見たデザインのアクセシビリティというのが主題になっている。Webサイトを使っているときにユーザーにとって障害になる事例が網羅されていて、それに対してどうやったら解決できるかがきちんと提示されているので、実践教科書のような本だと思った。事例はどれも珍しいものではなくて、例えばユーザー登録のための入力フォームひとつを取っても、思ったように動作してくれなかったりとか、いちいち入力する手間がかかるとか、普通にサイトを使っている中で遭遇する事例が多い。それに対してストレスを感じているのは色覚や聴覚に異常のある人たちだけではなくて、普段自分も同じようなストレスを感じていて、そういったストレスをなくしていくことが結果的にアクセシビリティに繋がるのでは、と思った。完全にアクセシブルなサイトというのは少ないと思うし、全部を改善していくのは難しいと思うけど、少しでも使いやすくしていきたい。

本を読んでいるうちに、確認環境のひとつとしてスクリーンリーダーを導入したくなった。カラーコントラストツールなどもたくさん紹介されていて、すでにブックマークしてあるサイトも紹介されていたので、これから使っていきたい。