読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

「コーディングWebアクセシビリティ」を読んだ

コーディングの基礎的な技術書っぽいものを探していて、会社の人がお薦めしてくれたので読んでみました。

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション

  • 作者: ヘイドン・ピカリング,Heydon Pickering,伊原力也,太田良典,株式会社Bスプラウト
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2015/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 思っていた内容と少し違って、WAI-ARIAという技術を使用していかにアクセシブルなアプリケーションを作るか、みたいな内容だったので、WAI-ARIAについての知識もないし聞き馴染みもなかったので最初は分かりづらかったけど、具体的にどういった技術でどう使うのか、みたいな具体例がちゃんとあったので理解することができた。Webアクセシビリティについてかなり詳しく説明されていて、いかに自分が使いづらいサイトを作ってきたのか、ということについて考えた。普通に考えたら、Webというものはどこからでも使えたり見れたりするものなのに、それが出来ないってなんて億劫なことなんだろうとも思った。

WAI-ARIAについてはまだまだ全然知識がないので、この本を読んだことをきっかけに少し調べ始めているけど、特別手間がかかることではなさそうな技術だと思った。アクセシビリティとかって聞くと、どうしても難しい印象を持つしとっつきづらく感じるけど、普通に使えるものを普通に作ることだ、と思えば少し意識が変わってくるのかなと思った。本来特別なことではないはずなので、変な刷り込み意識を持たずに取り組んでいきたいと思いました。