読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

自分の出し方

今日、家に従兄が来たので色々と話していた。お互いアイドルが好きなのでアイドルの話が主だったけど、お互いの性格とかについても話をしたりした。

そこで色々知らない自分について教えてもらった。従兄によると、長年見ていると私の顔を見ただけでいまテンション低いか高いかとか分かるけど、感情の起伏がそんなに激しいほうではないので、顔にもそんなに出ていないし、特に初対面の人には分かりづらいんじゃないか、みたいなことを言われた。正直自分がどんな顔して喋ってるかとかは全然分かっていないので、そういう風に人から見た自分について話してもらうと、あーそうなのか、と思う。

それと、ブログとかTwitterとかを見てるとどういう人格なのかというのはだいたい分かるけど、そのテンションをそのまま持ってきていないというか、現実ではそこまで喋らないので結構ギャップがあるとも言われた。最初メールを見たときは誰だ?と思ったらしい。喋ることが得意じゃない一方でその気持ちを文章で書く習慣みたいなのがついていたのでそうなるのかもしれない。あと、単純に自分の気持ちみたいなのを人に伝えるのが苦手で、テンション高く喋ったりすることができない。たとえば趣味の話で自分がテンション高く喋ったところで理解してもらえるのだろうか、みたいな気持ちが先に来て、自分から喋ることをためらってしまう。

なんにせよ知らない自分を教えてもらえる機会というのはそうそうないので、普通に勉強になったというか参考になった。多分ネットがあるから自分の人格みたいなのを分かってもらえてるんだろうけど、そういうのに頼らず自分で自分の意思とか気持ちを伝えていく能力をつけないといけないのかもなあ、とも思った。ネットと現実で人格が違うのはよくある話だけど、私の場合は完全にネットのほうが主人格っぽくなってしまっていて良くない。ネットで人格を作り上げているつもりはないけど、ネットに頼ってしまってるのは事実なので、なんとかしていきたい気持ちがある。

そういうことも含めて身内と話すのは良い機会だった。こういう話は定期的にしていきたい。