読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

#小学生のときにやってた悪夢っぽいこと選手権

id:hitode909さんの日記を読んでおもしろそうと思ったので参加してみる。と思ったけど、悪夢っぽいことあまり思い浮かばなかった。

カードキャプターさくらのマネをしてけがをする

小1~小2くらいのときにカードキャプターさくらが大流行していて、近所でローラーブレード大会みたいなのを毎日やってた。広い場所がないので、普通に生活道路をガーガー走っていて、いま思えばどうかと思うけどみんなやってた。親に買ってもらったのでいくらぐらいしたのか忘れたけど、みんなねだって買ってもらっていたのでそんなには高くなかったはず。

私が持っていたタイプのローラーブレードは靴なしで履くやつで、見た目はさくらちゃんが履いていたやつとほぼ同じだけど、さくらちゃんの場合靴のまま履いているので若干タイプが異なる。ローラーブレードのちょうど足首に当たる部分が若干尖っていたので、いつもならズボンとか丈の長い靴下を履いて当たらないようにしていたのだけど、ある日散歩に誘われて、靴がめんどくさいのでこれでいっか、みたいな感じで丈の短い靴下を履いたまま走り続けたら、足首に当たる部分のところが一箇所ザックリ切れていて、血がダーダー出ていた。しかも自分では全然気づかなくて、近所の子に言われて気がついた。

その日はたまたまカードキャプターさくらの放送日で、そのケガの応急処置をしている間にアニメが終わってしまっていたという微妙に残念な思い出がある。

プールで溺れまくる

昔、水が怖くて、顔に水をつけるのとか、頭を洗われるのが大嫌いだったのだけど、毎年プールに連れて行かれて悪夢っぽかった。水遊びは嫌いじゃないけど、プールに入ったあとは目を洗わなきゃいけないし嫌だった。いつも子ども用のプールで浮き輪に捕まってじっとしていたのだけど、ある時浮き輪ごと移動させられて、深いプールに連れていかれた。ふとした瞬間に浮き輪を外されて、ものの見事に沈んだ。戦犯は姉。

流れるプールでも溺れた。背が低いので足が着かなくて勝手にプカプカ浮く仕様になっていて、頭が後ろに下がるのでガボガボ水が入って苦行みたいだった。とどめにウォータースライダーを滑らされて、滑り終えたあとの浅い水が張ってるところ(受け口みたいなとこ)でも溺れた。溺れることを見越して、浮き輪を用意して待ち構えられていたけど、勢いが良すぎたのか浮き輪の穴に落ちてそのまま溺れた。

母の日に頭をけが

小2のときに、姉の友人と姉で自転車レースみたいなのやろう、という計画をした。坂道から一斉に走ってドン、みたいないかにも危うい感じの企画であった。大体この感じから、走ってる途中にけがしたのだろう、と思われるだろうけど、走る前にバランスを崩して石垣に頭をぶつけ、結構大事になった。そのとき黄色いパーカーを着ていたけど、真っ赤に染まり着れなくなった。家まで近かったので、頭から血を流しながら自転車で帰った。

そのあと整形外科に連れていかれて、3針縫われた。縫われている間は別にじっとしていたらしいけど、あとで自分の包帯姿にびびって泣いていたらしい。母は普通に出勤していて、連絡を受けて帰ってきてくれたので、その日が母の日と言うこともあり思い出深い。というかとんでもない母の日にしてしまった感がある。

悪夢っぽいことというより普通にけがの記録みたいになってしまった。けがの記録だけはやたらとあって、思っていたより動いていたのだな、と思う。大人になるとそうそうけがする機会がないのでなんだか感慨深い。小学生はけがをする生き物だと思う。