読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

ブログを始めたきっかけ

今週のお題が「私がブログを始めたきっかけ」とのことで、昔のことを語りたがりな私にはちょうどよいテーマだったので応募してみる。

きっかけ、というのは漠然としてて覚えてないけど、周りがやってるから、って感じだったと思う。前のファンサイト云々の記事でも書いたかもだけど、当時ファンサイトをやっていた人たちが集団ではてなダイアリーを使い始めた時期があって(2004年の夏くらい?)、なんかおもしろそう、と思って流行りに乗って始めたのがきっかけであり、初めてのブログだったと思う。記憶が正しければ。

それまではいちいちHTMLファイルを開き日記を書いてFTPでアップロードしていたのが、クリックひとつで記事を公開できるので格段に負担が減って便利だった。それからいろいろブログサ-ビスを用途ごとにはしごした。レンタルサービスもやりつつ、自サイトで自分のデザインのブログを持ちたい、というこだわりもあったので日記CGIをいじってそれっぽくしたりしていた。すでにMovable Typeとかいろいろ出てたけど、重いという話と、サーバーとかなんか難しそう、と思ってそのときはそこまでやる気がしなかった。

それからというもの、いろいろブログサービスは使ってるけど、長続きしてるのははてなだと思う。一番ダイアリーを使っていたのは高校生のころで、嵐のファンになったので嵐のことを毎日書いていた。そこでジャニヲタの人と知り合って、いろいろブログを見ていたけど、テンションが異常に高い&文才が異常な人が多くて、まねしてなんかいろいろ痛いことを書いてた気がする。はてなグループを使ってDVDの実況とかされてたりして、参加はしなかったけど見てるぶんにはすごくおもしろかった*1。調子に乗ってはてなハイクにくだらないことを書いてスターを稼いでいたのもこのときだったと思う。アカウントごと闇に葬ったのでいまは見れないけど、振り返ると高校生だなって感じのノリだった。

前は好きなことを好きなように書いているだけで、人目を気にしなかったのでそう思わなかったけど、2年前くらいからブログで自分のことを書くようになってきて、ブログの記事というのは自分の人格にそのまま直結するもの、言わば自分をアピールするサービスのようなものだと思い始めてからは、自分の中で書く敷居は少し高くなったけど、最近また低くなってきている。きちんとした記事を書かなきゃ!と思っていたのが、別にくだらない記事でもいいか、というふうに変わってきた。多少は人目を気にするけれど、別になにを書いてもいいのではないかと思う。

きっかけというより、普通にブログの話だった。

*1:過去形で語ってるけど、いまも普通にやってそう