読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kewpie's blog

日常のことが多め。

「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」を読んだ

読書

会社の人から借りた本を読んだの第2弾。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

 

これは前回と違って会社の人から勧められて読んだのだけど、かなり勉強になった。いわゆるアジャイル開発(スクラム開発)の本で、私はこういう開発手法(というか開発そのもの)の話には全然詳しくなくて、はてブとかで話題に上がっていたりするとちょっと見てみたりはするものの、実際にそういう開発に携わった人でないと分からない話がほとんどなので、さらっと流し見してしまっていた。実際に仕事に関わって初めてそういうことが分かってくるので、家で一人で勉強しているとなかなかこういう本に手を出す機会がないというのもあった。 

内容自体は文章での説明だけでなく、漫画での説明もバランスよく使われているので、私みたいなペーペーにも分かりやすい。とはいえこの本を読んだだけで全てが分かるわけでもないので、あくまでも実践のための参考書、といった感じだけど、スクラム開発自体の意味はすごくよく分かった。スプリントとかロールとか最近よく聞くけどなんなんだろう、と思っていたけどちょっと謎が解けた感じ。最近こういう開発手法とか、ペーパープロトタイピングの話とかをよく耳にするけど、そのたびに思うのは、目から鱗とか斬新な手法だとかそういうのではなく、「理に適っている」というか、よくよく考えればそっちの方が全然やりやすいんだろうなあ、と思っていたことがそのまま手法になっている気がする。まず合理的であることが優先になっているような気がするので、あまり難しく考えると手法そのものが分かりづらくなってしまうと思うし、手法自体はシンプルなのに各々の考え方が食い違っていたりして複雑になっていく、ということはわりとよくありそうなので、まずその思考を整理していくことが必要だし、それは簡単じゃないのだろうなあと思った。同じ資料を見せたところで同じ捉え方をするとは限らないし、一つ一つの疑問を解決していくのは難しい。

なんというかこういう曖昧な文章しか書けないけど、大人数で開発するときはとても役に立つ手法だと思った。開発の話というと小難しそうで敬遠してしまいがちだけど、読んでみたらそんなに難しくないので興味のある人は読んでみるといいと思う。自分もこういう機会がないと多分読んでいないと思うので、機会があるのはありがたいことだし、もっと自分でも視野を広げていきたいと思った。